テーマ:失恋

別れ

けんかした 君と始めて つまらない事で 意地を張って 何も言わず そのまま別れた 行くはずだった映画館 その後のディナー 全てが夢のかなたへ 消え去る けんかした 君と始めて 何気ない事で 冷静さを 失ってた 後から思うと 謝りたいと打つメール 届かないアドレス変更 全てが過去の事象へ 消え去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら私の恋

もう泣かないと誓った私 心を強くするの 食い縛って我慢するの私 挫けそうな時には 笑わなくなったね 最近の君はって 今さら優しい言葉を 私にかけないで もう泣かないと誓った私 心を整理したの 食い縛って我慢するの私 新しい出会いまで 話さなくなったね 最近の君とは 今さら優しい素振りを 私に見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うたかたの恋

現在の法律では婚姻届を出すには  夫の氏か妻の氏を選択しなければいけない  氏を変えるという事は大変な事  免許証やパスポート  保険証や年金手帳  銀行口座やクレジットカード等  名前を届け出ているものは全て  書き換えをしなければならない  煩わしさもあるけれど これだけ変更届を出さなければならないとなると 何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦しい胸の内

職場のマドンナが結婚する事になった いつの間に相手が出来ていたのか 僕は知らなかった それもそのはず 彼女の幼馴染みだから 僕は密かに彼女に心を寄せていた しかしもう 彼女を諦めなければならない それだけならまだ心の痛みは少ない 彼女の結婚式に招待された上 彼女が直々に僕にスピーチを頼んだのだ 心では辞退したいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波の悪戯

浜辺の渚に立った 打ち寄せる波が少しずつ砂を動かし 僕の足を埋めようとしている 波よ海よ 一体僕をどうしようというのだ 砂浜に埋めようというのか それとも海へ引き込もうというのか 僕の問いかけには ザーッという音でしか答えない ほぼ一定の間隔で…… 時々僕を驚かすような大きな波が来る まるで僕に対し警告を発している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようなら昨日までの私

さようなら昨日までの私 楽しい事もたくさんあったけれど… さようなら昨日までの私 辛い事の方が多くなってしまった さようなら昨日までの私 想い出に残したくないから… さようなら昨日までの私 宝物だった小箱に火を着けた 炎は徐々に大きくなり 煙が天に上がって行く まるで昨日までの私の お葬式を自分でしているみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛に終止符を付けた結婚式の招待状

私には心を寄せていた男性がいた その人は会社の同僚 同期の入社だけど 私が短大卒で彼が大卒だから 年は私より二つ上 特別格好良い訳でもなく バリバリ仕事をこなす人でもない ただ思いやりは他の人よりもある 私が仕事で失敗して残業していた時 自分の仕事ではないから残業は付けられないからと言って タイムカードを押した後職場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

擦れ違いの結果

商店街をカップルが 楽しそうに話をしながら歩いていた 男性がふと横を通った女性の胸元を見た 彼女はそれを見逃さなかった 「 私といるのに何で他の女性の 胸をじっと見るのよ 」 「 いや ペンダントをしていたので 君に似合うかなと思って… 」 「 ウソ だいたいあなたは… 」 おやおや 喧嘩が始まってしまった 彼女は次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私とあなたの絆は強いものだと思っていた そう信じていた でも私は見てしまった あなたが他の女の人と腕を組んで歩いている所を 結婚している訳ではないから 誰と付き合おうとお互い自由 だけど… 絆という字は糸編に半分 お互いの心を半分ずつ糸で縫い合わせているだけ 糸は簡単にほつれるもの 深い絆というのは ただの幻想な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の光  ―失恋の傷心を癒す光―

月が照らす 優しい光で 私の心を知って 静かに慰める様に 少し前 彼に振られたばかりで 心が乱れていた 哀しみが照らされて行く 寂しさが照らされて行く 少しずつ消し去る様 美しい想い出にし 前向きに生きて行ける様 照らした 月はいつもそばにあるけど 光は少しずつ変わって行く だけど動じない いつも いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな出発の為捨て去った物

今朝 写真を焼きました 彼への思いを 断ち切る為に 楽しかった思い出もあるけれど 全てを忘れる為に 新たな出発をするには 未練は邪魔だったから 今朝 写真を焼きました 彼への思いは 炎に変わる 戻りたいと願った事もある 夢だったと思う為に 新たな出発をするには 記念は邪魔だったから 今朝 写真を焼きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道化師

悲しい事があり過ぎて   僕の涙は涸れました 泉のように溢れ出て   僕の涙は涸れました 心を癒す術も無く   空懐の瀬に溺れます 君の姿も遠退いて   空懐の瀬に溺れます 時の流れに洗われて   笑顔を僕はつくります 道化師に似た意味の無い   笑顔を僕はつくります 悲しい事があり過ぎて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more