テーマ:生活

神様へ

苦しみのない時 哀しみのない時 少しでいいから 分けてください 苦しみのない場所 哀しみのない場所 狭くていいから 作ってください 苦しみのない人 哀しみのない人 どこかにいるはずです 会わせてください 空も海も大地も 泣いています 傷付いています 誰も何も悪くないのに それでもいつまでも 我慢を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その答えは

日常って何だろう 平凡って何だろう 和やかって何だろう 幸せって何だろう 夢って何だろう 希望って何だろう 喜びって何だろう 楽しみって何だろう 好きって何だろう 仲間って何だろう 生きるって何だろう …… 全てを否定された時 その答えは見えてくる それまでは 誰も正確な事はわからない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっといっぱい言っておけば良かった

もっともっといっぱい ただいまって 言っておけば良かった ずっとずっといつでも ただいまって 言えると思っていた でもそれは 単なる思い違いだったんだね ただいまって言える おうちがなくなってから ただいまって言える 人がいなくなってから その言葉の大切さを知った 気付くのが遅かったね もっともっといっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつ

倒れたからといって いつまでも 横たわっている訳にも いかない いずれにせよ いつかは 立ち上がらなければ… 充分に力が備わるのを 待っていたのでは遅い まだ早い 何て事もない では いつ立ち上がるか 今すぐに
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お天道様

今日もお天道様が照ってる 有り難い有り難い 小高い丘の上で 車椅子に座ったばばが 誰に言うでもなく呟いた 幾度の自然災害に見舞われ 戦争や社会の混乱をも 掻い潜ってきた そんなばばの歩んだ人生は 悲しみの積み重ねであったはず それなのに 愚痴はこぼさない 取り乱すことも無かった 与えられた状況下で ひたす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大丈夫

大丈夫と聞かれたら 大丈夫と答える 本当は ちっとも大丈夫じゃない だけれど そう答えることに決めている ここには 大丈夫な人は一人もいないから 聞いた本人だって 助けて何て言われたら ただ当惑するだけだろうから あれもしなければいけない これもしなければいけない やらなければならないことが 山ほどある …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕だけが知る君

君のその笑顔 それが僕を 惹き付けたのだ でもそれは 僕のための ものではない あいつと一緒にいる時 あいつのために 見せるもの 僕はたまたま 知ったに過ぎない 君は僕の前では 全く別人 いつでも喧嘩ばかりだ 今はそれでもいい あいつの知らない 顔を知っているのだから 君のその美声 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が来ている

ああ 氷柱から滴り ポツ ポツとゆっくり目 風が変わってきた ああ 春が もうすぐ来る気配 山の向こうに 来ているのだ ああ 小川のせせらぎ ちょろ ちょろと抑え気味 音が変わってきた ああ 春が 迫っている気配 里のそばまで 来ているのだ ああ 雲間から日輪 ひら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロキソニンS

手術の後 モルヒネ投与が終了してから 処方されるロキソニン 鎮痛剤としてお馴染みさん 交通事故の後遺症で 長い長いお付合い スイッチOTC化によって 処方箋なしで 一般薬局で入手可能になった やったね バイバイ痛みに苦しんだ私 こんにちは気分爽快な私 そして ありがとう 第一三共ヘルスケア
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつまででも

青い風の向こうに きっと楽しみがある 淡い香りを乗せて そよぐ未来の姿 おとぎ話信じてた頃 お姫様になりたかった アニメのように変身 出来るその日が来るのではないかと いたいけに思っていた 白い雲の真上に きっと喜びがある 堅い誓いを含め 浮かぶ未来の姿 ラフストーリー信じてた頃 熱い出会いあこがれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

努力

幸せならば それでいい 未来永劫 いやちこに ねたみそねみは 気にするな 敗者の遠吠え 価値はない 光明目指す 若人よ 努力鍛練 欠かさずに 抜け出る苦しみ 知らずして 得られる幸は 擬い物 奈落に這い入る 蛆虫は 己の腐敗に 気付かない 勤労勤勉 何のその 運命時代を 恨むだけ 幸せならば それでいい 未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至極のひととき

頭だけを出してぬくぬく すっぽりと入りぽかぽか こたつに入るといつでも 至極のひととき うたた寝はパラダイス 気がつくと二時間経ってる 出なければと考えても 体が拒否する 頭だけを出してぬくぬく すっぽりと入りぽかぽか こたつに入ると誰でも 至極のひととき 手が届くテリトリー 気がつくとごちゃごち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生という道

どこまで行っても 果てのない道 それが人生という道か 振り向いてみたい そんな気もある けれど前に進むしかない 誰も地図など持っていない 道はいくつも別る あの日選んだこの道正しかったか 答えはまだ保留してる あの日離れたあの道進んでたら… そんな思いがよぎる事も 常に明るいと 限らない道 それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年明けて

新年明けて少しでも 新年明けて変わるかな 新年明けてなんとなく 新年明けて期待する いつもと変わらぬ 正月風景 今年もよろしく 取り敢えず言ってみる 新年明けて幸せが 新年明けて増えるかな 新年明けて苦しみが 新年明けて消えるかな 新年明けて数えでは 新年明けて歳とった 新年明けて天寿まで 新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大掃除

年末の年中行事 普段はあまりしない所も 気持ち良く新年を迎えるため 頑張って大掃除 よくもまあ これだけ汚れたものだ などと思っていると 四年に一回しか 掃除しない所発見 衆議院 使えなくなった粗大ゴミが 三百以上もゴロゴロ 処分場に運ぶ手段がないから そのまま放置しっぱなし 野ざらしにされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すっから菅

日銀短菅 (にちぎんたんかん)  最悪と書きたいのに  悪いまでしか書けない調査 気分転菅 (きぶんてんかん)  その日の思い付きによって  方針がくるくる変わる人 菅々諤々 (かんかんがくがく)  意味のない事を  頑固に喧しく言い立てる事 千手菅音 (せんじゅかんのん)  あまねく民衆を  二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芋粥

今までに食べた 一番美味しかった物? そうだね ひだるい時に腹一杯食べた 芋粥かな 三分粥の中に薩摩芋が入った物 いい食材なんて使ってないよ 屑米の様な米に ぱさぱさした薩摩芋さ 今同じ物を作ったら 不味くて食べられないだろうね 例え最高級の食材を使って 一流の料理人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスター

路地裏の掲示板に ポスターが貼ってある 数年前の選挙のポスター 落選した候補者と 当時の党首が 笑顔で握手してるもの 陽に焼けて色褪せ 雨に当たりシワシワだ 哀愁を漂わせる琵琶の音が 何となく聞こえてきそうだ 諸行無常とか盛者必衰とかの 平家物語の一節も 一緒に流れてきそうだ あの時もし この人が当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

航空障害灯

眠れない夜 カーテンを開け 窓の外を見てみた 夜中だというのに 往来には複数のヘッドライト そして街灯 空を見れば 黒い闇ばかり 一体星はどこに行ったのだろう 代わりに光るのは 高層マンションの 航空障害灯の赤ランプ せめて北極星くらいはと思い 北の窓から空を見てみたが 同じく星は無かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あったかい家

家に帰った時 ただいま って大きな声を出して 入りたくなる時があるよね 温かな雰囲気 家族の優しさや愛情が 玄関前まで醸し出されている時 例えば すぐにでも食べたい様な おいしそうな夕餉の匂が 鼻孔を擽った時 外で嫌な事があったとしても 疲れ切っていても 一瞬にして吹き飛んでしまう だから元気良く …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揺れる大地

揺れる大地 生きとし生ける物の眠りを覚ます 力強い波長 そして天明の息吹 誰にも止められない 止めようとする者もいない 大自然への畏敬なのか 流れ始める時空 今までのしじまを破り 遅れた分を取り戻そうと 活溌溌地の魂の振舞が 繰り広げられる その一端を担…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村祭り

秋の収穫を祝う村祭り 今年は多いの少ないの 良いの悪いのなんて そんな話は御法度 一日限りなんだから みんな大いに楽しむべし 酒を飲むも良し 肴をつまむのも良し はたまた 権現堂の舞台で能を舞うも良し 普段真面目な駐在さん ほれほれボーっとしとらんで 乳呑み児背負ったお母ちゃん みんなが笑えば赤子も笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二位じゃ駄目ですか

二位じゃ駄目ですか これ程愚かな発言はない 一位と二位じゃ 落差が有り過ぎる 多くの人が一位を目差しているのに 目標が二位では圏外になる 駄目に決まっている 科学技術の分野 特許が取れるのは一位の人だけ 二位では特許は疎か ノーベル賞は夢の通路 政治の世界 定数一なら一位は当選二位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと少しだけ

哀しみを乗り越えて 歩き出す 一歩 また一歩 するとその先に 別の哀しみが待っている 立ち止まってはいられない 仕方が無いので その哀しみも乗り越えるよう 然らしめる でもそのためには 途轍も無い精力を 消費する 支えられるものがあるうちは 特に問題はない けれども足りなくなった時 楽な方法は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽はまた昇る

陽はまた昇る 沈んでしまって夜になっても 明くる朝には 陽はまた昇る しばしの辛抱 目をつむって 夢でも描いて待つがいい 陽はまた昇る 心配はしなくていい 朝は必ずやって来る 待ち遠しいだろうけれど 時間は早くならない 心を落ち着かせ 新たな気分で迎えるがいい 陽はまた昇る そして復活する 心も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋到来

秋は急激にやって来た つい先日までの 暑い暑いの大合唱は 一体何だったのだろう 季節は駆け巡る まさに言葉どおりを実感 徐々になんていう 風雅な趣は 時代錯誤になった様だ 頭を下げた稲が 風に揺れてイヤイヤをしている その少し離れた上で 赤トンボが浮かんでいる どこかに止まろうかと 思案している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セキチクのちから

この指止まれ そう言うと 仲間は集まる って思っていた でもね いつでもそうとは 限らないんだね 当たり前の事だけどさ 周りに誰もいなければ 声を出しても 気付く人がいないものね 少し前までは 喧噪があったので 大勢いると安心していた だから この指止まれって 言ったのに… いなくなる時って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝三暮四

朝三暮四のお猿さんを 笑う事が出来るか これは大きな命題である トチの実をもらうのに 朝に三つ暮に四つでは怒り 朝に四つ暮に三つでは喜んだ そのお猿さんをである どちらも一日にもらえる量は同じ だからお猿さんは 目前の違いにこだわって ごまかされたのではないかと 果たしてそうだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャガ

水道水をあげたら ミネラルウォーターにしてくれ って言われそうな花だね よしんば本当に要求されても 困っちゃうだけなんだけどね 確かに殺菌剤を使ってない分 天然に近くていいかも知れない だけどそれなら 雨水を溜めて水やりをした方が 経済的にも環境的にも 最良なんだろうな …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンゲソウ

畦道に咲いていたレンゲソウ 一本くらいならいいだろう そう思って 毎年のように 一本 また一本と摘んでいたら 最近は見かけなくなって しまった どうしたんだろう 僕のほかにも 一本ずつ摘んでいた人が いたのかも知れない それとも 道がアスファルトで 舗装されたからだろうか いずれにしても レンゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more