テーマ:

春が来ている

ああ 氷柱から滴り ポツ ポツとゆっくり目 風が変わってきた ああ 春が もうすぐ来る気配 山の向こうに 来ているのだ ああ 小川のせせらぎ ちょろ ちょろと抑え気味 音が変わってきた ああ 春が 迫っている気配 里のそばまで 来ているのだ ああ 雲間から日輪 ひら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライラック

北国の春は遅い 梅 桃 桜が 一緒に咲く 少し遅れてライラックが 香りを連れ添って 総仕上げ 雪が消えて大地が起きる 空は眩しい太陽 僕らの希望四つ携え 浅紫の記念祭 北国の春は性急 冬期のずれ込みを 取り返すため だけど気にせずライラックは 香りを連れ添って マイペース 雪が消えて大地が起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマナ

ほんわかまったりした 日差しの中 アマナがのんびり咲いていた ぬくぬくホカホカ 気持ち良さそうだね 僕が声をかけると そう見える? と返事が来た あれっ? 違うのかな? 怪訝な顔をしていると そこからは地下は 見えないものね 地面の中は競争中だよ と付け加えた おやおや それは失礼 アマナはア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサボケ

日溜りの中 クサボケの花が開いた 陽光のような橙色 春の陽射しの暖かさを 伝えるためのよう 小粒だけれど 充分心に届くまったり感 花びらが肉厚で ぷにゅぷにゅ ぽわぽわ しているからね でも 触らないでね 指に棘が刺さるから ひざの高さくらいの 小さな木 けれど 風が吹いても あまり揺れない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリサンセマム・パルドサム

春から初夏にかけて お花畑を賑やかにする春 クリサンセマム・パルドサム  この花が咲いている時が春  そう思ってもいい位  長い間花が楽しめる  元気な花なんだ   春の喜びを   春の輝きを   伝えるために咲くんだね クリサンセマム・パルドサム 二月二十二日の花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それぞれの春 -レンテンローズに見つめられて-

春 ポカポカの春  花冷えの春 楽しい春  つまらない春 嬉しい春  悲しい春 賑やかな春  寂しげな春 新しい春  変わらない春 出会いの春  別れの春 気持ちの良い春  モヤモヤした春 眠たい春  眠れない春 一度に正反対な事が来る春 だから 心の整理が大変 色んな感情が交錯して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャボン玉ホリデー

石鹸水にストローをちょっと付け 反対側の口からストローにそっと息を吹きかけ 出来上がった石鹸水の玉がシャボン玉 シャボン玉は子供の遊び 季語は春 そうするとシャボン玉ホリデーって 子供の日の事なのかな シャボン玉遊びをしている 子供達を見る事はなくなった 幼稚園ではやっているのかも知れないが 家に帰ってからはやら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そよ風のメヌエット

部屋の窓を開けていたら 甘い香り そよ風に運ばれて来て 春を知らせる どんな花が咲いているか 気になるから 仕事は少し中止しよう そわそわするから 香って来る方向に 歩いていたら 色んな所に多くの花が咲いてる これではどれが匂ってきたのかなと 迷っていたら もっと先に一杯咲いてた 白や黄色の花びらがゆれる ゆれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸  ―Lento. Marche Funebre. Op.35. F.Chopin―

哀しい 哀しい 私の彼が旅立った 川の対岸の世界に 私は独り 置いて行かれた 私の彼が旅立った あれから時間が経ち 私の心は今 遠い 遠い 想い出になってしまった 今日は彼岸の初日ね 彼のお墓に行って 花を供え彼と話をしてみよう あなたの告白 突然だったし 私は戸惑ったけれども すぐに付き合い出したん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の春

季節の春は時が経てば必ずやって来る 心の春は何もしない限りやって来ない 季節の春は時が経てば必ず夏に向かう 心の春は油断するとまた冬に戻ってしまう 人によって感じ方が違うので どの時点が心の春かを定義するのは難しい 少なくとも幸せを感じなければ 心の春が来たとは言えない 心の春が来た時の喜びは 季節の春が来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春爛漫

春爛漫 香り爽やか蝶が舞ふ 飛輪の光 葉に反射し まなこに入りし目映きなり 凍えたる日々 いにしへの如し 正に 幸たる時ぞ 願はくは 常しへに続かんと欲する 然れども 良き日は短し 花の命と 等しき程に ああ 何たる無情 待つは長し 去ぬるは早し 春爛漫 香り爽やか蝶が舞ふ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の陽気に誘われて

春風のさわやかな香りに誘われて 表に出て大きく延びをしてみた ポカポカと暖かな日差しが私を 優しく包むから散歩をしてみた 河原の土手に行ってみたら 黄色い花がいっぱい咲いていた その中を蝶が舞っていて 私を和ませてくれた いつもこんな陽気だといいな 春風のさわやかな香りに誘われて 表に出て大きく延びをしてみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ春が来る

もうすぐ春が来る 冬よさようなら もうすぐ暖かくなる 寒さよさようなら ホクホクの焼きイモを食べるのもいいけど 春のホンワカ感がいい もうすぐ春が来る 冬よさようなら もうすぐ暖かくなる 寒さよさようなら スキーヤーにとっては名残惜しいかも知れない だけど南半球に行けばこれからが冬 もうすぐ春が来る 冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more