廃止された胆振線

胆振線の廃止には
日本が持つ宿命を感じる
有珠山と昭和新山の
火山活動によって
度々長期休業を余儀なくされた
そして復旧作業の費用が赤字を増大させ
1986年10月31日廃止されてしまったのである
沿線には温泉がたくさんあり
車窓も良い物であった
特に水蒸気が上がるのが見える
有珠山は圧巻であった
ウエンベツトンネルは暖かいため
ヘビが住みつくという
珍しいトンネルであった
北湯沢付近の長流(おさる)川上流は
白絹の床と呼ばれて
美しく輝いていた
後方羊蹄(しりべし)山は色々な角度から見る事が出来
変化する山の様子を楽しませてくれた
今 伊達紋別と倶知安間は
バス路線が通っている
バスでも車窓を楽しむ事が出来るが
趣が違う
バスは乗り降りのない停留所は素通りして行くが
列車は乗り降りがなくても
駅で必ず停車するからである

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック